脱毛ワックスとテープの違い

###Site Name###

脱毛用グッズでよく使われるものに、ワックスとテープがあります。
どちらも似たような方法で処理を行いますが、テープの方が肌への刺激は少なくなります。

そのため、皮膚の弱い人は含まれている成分などを確認しなくても済むテープの方が安全です。ただし、テープはムダ毛の長さが十分でないと上手く粘着部分につかずに処理残しが発生してしまう恐れがあります。
処理残しが発生したとしてもすぐにまた処理を行うのは負担が大きくなりますので、その場合は剃って対応することになります。ワックスの方は短いムダ毛もしっかりと取り除くことができます。


成分によっては発毛抑制効果がある商品も売られていますので、ムダ毛を無くしながら再生を遅らせていくことが可能です。



実はワックスには脱毛以外にも効果があり、ワックスを剥がす時に古い肌細胞を排除することによりターンオーバーを活性化させることができます。
美肌効果が得られるということもあり、サロンでも導入されています。
脱毛時には肌への影響がどうしても気になりますが、美肌効果まで得られるのなら安心して処理を継続することができます。



本来なら再生してこない方法で処理を行うのがもっとも安全なのですが、それが不可能な場合にはできるだけ負担の少ない方法を選ぶことが大切です。
脱毛時の影響は見た目には分からなくても蓄積されていくものであり、色素沈着や毛穴の開きといった肌トラブルにつながる可能性もあります。